先生

ココロの疲弊は分かり難いもの|精神病で気持ちが淀む

精神科の治療の基礎知識

診断

精神病の治療ではカウンセリングと投薬が中心となり、疾患や病状によってどちらに重点を置くかが変わります。入院設備のある病院と外来のみのクリニックのどちらを受診するかは、症状の程度を考慮しつつ検討することが大切です。

Read More

心の病気の治療

待合室

不眠症や神経症の精神病を発症した場合は早期に病院に行く事を推奨します。最近は医学の進歩により、効果の高い薬が増えているため、早期治療で早く治る人が増えています。おすすめの病院の特徴としては、医師が適切な量の薬を処方することです。また態度が高圧的な医師は避けるようにしましょう。

Read More

もし不安に感じたら

頭を抱える婦人

日々生活する中で心の疲弊は分かり難いものであり、精神病にかかるということは特に日本人は考えないものです。しかし、ストレス社会と呼ばれる社会の中で心や精神に支障をきたす状態はいつでも生まれる可能性があることを知って頂きたいです。風邪や傷といった一目でわかる状態に対し私達は病院に行くなどといった処置ができますが、それは自分が認識していてかつ病院で治すことは当然であるという考えが私たちの中にあるからなのです。一方、精神病に対してはどうでしょうか。おそらく健康な皆さんは精神病にかかる時、はじめは一時的なものとして捉え、「何か疲れているのだろう」や「休めれば治るだろう」といった考えを起こす方が多いのではないかと思います。これで治る方もいらっしゃいます。しかし精神病はかかってしまうと様々な症状を引き起こします。例えば、精神病の代表格である「鬱」は気分の落ち込みのみならず自分を悲観的に考えます。そして最悪のケースも考えられるのです。こういう中でおかしいと感じまた心に違和感を感じたら風邪と同じように迷わず病院へ行こうと思える認識を持っていただきたいです。精神病はかかると結構厄介なものです。しかし治らないものではありません。早期受診し早期発見・処置を講じれば何ら恐れることのない病気なのです。

病院に関しては利用する前に把握しておくべき点あります。です。病院によって治療方法は様々です。薬物療法・認知行動療法・作業療法など病院にはそれぞれ特徴があります。また薬を多く使う、出来るだけ使わないといった病院もあります。精神病に至っては大きい病院だからよいという概念は捨てたほうがよいです。先ずは自分に合った病院選びを行うことをお勧めします。また病院がよくても主治医と気が合う・合わないというのがあります。はじめにかかった先生を信頼しきって治療方針を行うことはいいかもしれませんが、まずはセカンド・サードオピニオンで何人かの先生の意見を伺い相対的に判断をして主治医を決めましょう。ただ病院によっては嫌がることもあるので病院に確認したうえで受診に行くことが大事です。次に精神病に関してです。現在、精神病の病名は日々増えているのが現状です。いくつか見ていくと何か自分も当てはまるのではないかと感じるほどです。ネットで調べたりや周りから最近おかしいねと言われたときは何かの病名が当てはまるかもしれません。その時は迷わず受診をお勧めします。何か心に違和感を感じたら精神病の可能性があると思って受診されることをお勧めします。精神病で気持ちが淀む前に対策を行ないましょう。

心が疲れたと思ったら

下を向く男性

精神病は偏見などがあり、なかなか理解されにくい心の病気です。主にうつ病・躁うつ病・統合失調症・認知症・依存症などがありますが、これらは適切な診断を受け、服薬することで改善します。何か変だなと感じたときは、迷わず病院を受診してみましょう。

Read More

精神疾患の治療プロセス

病院

精神病はかつて治すのが難しいと言われてきましたが、現在では精神医療の進歩によって治療法が確立しています。精神科の病院では科学的根拠に基づく治療プログラムを実施しており、入院した場合は最も理想的な環境で治療できます。精神病を寛解に導くためには、何よりも病気への理解が大切なのです。

Read More